交通事故処理を弁護士に依頼する場合の注意点について

交通事故処理においては、現在では、保険特約を利用して弁護士に依頼されるケースも多く見られるようになっています。依頼をするメリットとしては、交渉などに時間が取られないことや、賠償額の増額が見込める可能性が高くなる点があり、通常、特約を利用することで300万円までは費用を負担することなく依頼をすることができるようになっています。交通事故で弁護士に依頼をする場合には、注意点に関しても留意をした上で行う必要があり、中でも報酬金に関しては、提示する内容等をよく確認することが重要になります。

弁護士への依頼では、一般的には、着手金、報酬金、実費の3つに対して支払が発生することになります。

エキサイトニュースサイトを見つけることができました。

ここでは、着手金は交通事故の賠償問題を依頼する場合に支払う費用となり、実費に関しては、裁判所に行く場合の交通費や書類郵送に使用する切手代など、実際にかかった費用となります。

問題となるのは報奨金に対しての内容があり、この場合、その割合が増額分に対してのものなのか、獲得額に関してのものなのかを確認する必要があります。



例えば、獲得額に対して10%の場合、保険会社から提示された賠償金が1、000万円で交渉をすることで1、100万円までなったとすれば、獲得金の場合には1、100万円に対しての10%、つまり110万円を支払うことになります。



この場合、増額分に対しての委託契約となっていれば、100万円に対しての10%、つまり10万円だけで済むことになり、大きな差が生じることになります。

交通事故処理においては、専門の弁護士に依頼をすることも大切なことになります。
ここでは、実績やノウハウが高いこともあり、よりスムーズな解決につなげることができるようになります。