交通事故に詳しい弁護士へ依頼する

交通事故は、たいへん専門性が高い分野です。


そのため、たとえ弁護士であっても、交通事故に疎い場合は、被害者の主張を通すのが難しいことがあります。

極力、交通事故専門の弁護士に依頼するようにしましょう。



弁護の仕方によって、賠償額が倍半分も違うことがあります。

専門の弁護士は数が少ないですが、弁護士は途中で変更するのが難しいので、少々の犠牲を払っても、この分野で実績のある専門家に依頼したいものです。


交通事故裁判では、相手側は任意保険会社となります。
もし個人であるなら、裁判をして判決が出たとしても、賠償金が支払われるとは限りません。

判決だけ得て、賠償金は入らない、という例は普通にあります。そのため、優秀な専門家を頼んでまで裁判をする甲斐があるかどうかは、事前によく検討する必要があります。たとえ相手方に支払能力のあることが明白であっても、支払う気のない個人に支払わせることは、現実的には無理です。

OKWave情報のことならお任せください。

ただ、相手が任意保険会社である場合は、判決が確定したら、必ずその額が支払われます。

任意保険会社にも顧問弁護士がつきます。まさに百戦錬磨のプロなわけですから、こちらにも優秀な専門家が必要となります。

不慣れだと、日々交通事故被害者を相手に訴訟をしている相手側に太刀打ちできない可能性が高いです。


裁判ではなく、ADRを利用する方法もあります。
この場合は自分で交渉しますが、そろえる書類や主張すべきポイントを専門家からアドバイスを受けることもできます。