交通事故の損害賠償金算出は弁護士の基準で

運悪く交通事故の被害者となってしまった場合には、事故によって被った損害(怪我に対する治療費や慰謝料など)を損害賠償金として加害者に請求することになります。

通常は被害者と、加害者の加入している保険会社との交渉となります。
損害賠償は、まず強制加入である自賠責保険が使用されます。ただし、自賠責保険が賠償してくれる額には限度があり、もし自賠責保険の賠償限度額を超えてしまった場合には、任意保険がその分をカバーします(加害者が任意保険に加入していなければ、自賠責保険の補償のみとなってしまいます)。


この損害賠償金は加害者側の保険会社が算出します。



しかし、その際に使用される計算方法は、最低限度の補償である自賠責保険基準のもの、あるいは自賠責保険基準の算出額にわずかばかり上乗せした程度の任意保険基準のものが使用されます。

朝日新聞デジタル情報を見つけましょう。

しかし、この計算方法は保険会社側に有利なものとなっています。

しかし、これらの計算方法以外にも交通事故損害賠償金の算出方法は存在しているのです。

それが『弁護士基準』の計算方法です。この弁護士基準の計算方法はこれまでの裁判例などを参考にしているものであり、弁護士が交通事故の裁判の際に使用する根拠のある計算方法です。



弁護士基準の計算方法を採用しますと、特に慰謝料については自賠責保険基準や任意保険基準の計算方法と比較して倍以上の額が算出されます。


保険会社側と損害賠償金について交渉する際には、この弁護士基準の計算方法の採用を求めていくべきなのです。