弁護士特約は交通事故の時に役立つ

自動車保険には弁護士特約と呼ばれるものがあります。

これに入っておけば、交通事故の時に弁護士の費用が補償されるので、役立つことがあります。

交通事故の場合、こちらに責任がなかったら、保険会社は動いてくれません。


自分で相手方と交渉する必要があります。

その交渉がうまくいけば、弁護士は必要はありませんが、うまくいかないこともあります。例えば、自分の車が交通事故で大きなダメージを受けているのに、相手方が補償金を少なく払おうとする場合があります。こんな不当なことは許されないのですが、一般の人は法律の専門家ではないので、相手方に正当な補償金を示して、それを支払うように訴えることができません。

livedoorニュースについて知りたいならこのサイトです。

しかし、弁護士だったら、過去の判例に基づいた補償金を算出して、それを相手方に示すことができます。

支払いを渋っている人でも、法の専門家に命じられたら、補償金を支払わざるおえません。


弁護士を頼んだ場合、問題が解決したら報酬を支払う必要があります。

報酬の額は一定ではありませんが、思わぬ高額になることがあります。



その場合にその特約に入っておけば、報酬を支払う負担を小さくできます。
この特約に入るのにそれほどお金はかからないので、自動車保険に加入する時にこの特約にも入っておくのが良い方法です。



事故に巻き込まれなかったら、特約のお金は無駄になりますが、車を運転する時に安心感を持つことができます。

事故に巻き込まれてから後悔するよりは、入っていた方が良いです。