交通事故で困ったら弁護士の専門的知見を活かそう

弁護士は法的知識を活用して、依頼者の相談に乗ったり代理人となったりして、社会の役に立っています。

交通事故は、当事者間で争いが生じてしまうことが多いですが、これは民法の不法行為の領域が問題となります。
したがって、交通事故について当事者間で示談がまとまらない場合などは、弁護士に頼りことも事案の解決のために有意義です。

交通事故で、被害を受けた側と与えた側は、最初は示談交渉から始めます。



いきなり相手を訴えることは、普通はしません。



話し合いで解決できれば、いずれの立場にとっても負担が少ないからです。
この段階で、弁護士に交渉の代理人となってもらうことも有用です。

基本的に加害者側が保険に加入していれば、保険会社が被害者の側と交渉をします。

保険会社の交渉をする社員は、それを専門にやってきていることから、法的な知識を備えています。

ジョルダンニュース!を利用してみる価値はありますよ。

そこで、被害者の側が法律に詳しくないと、相手のペースで示談をまとめてしまい、不利益を被ってしまうこともあります。
そのため、被害者側も相手と同じ土俵に立つために、弁護士に示談交渉の代理人になってもらうことには意義があります。


また、最初から示談交渉の代理人になってもらうことで、話がこじれないというメリットもあります。
弁護士も、自分の依頼者の利益を考えて行動するとは言っても、法的に難がある主張はしませんし、示談なので適切な譲歩を行います。その結果、当事者間で話が早期にまとまり、裁判に発展することなく解決をすることを期待できます。