交通事故治療の打切り宣告をされたら、弁護士に相談を

交通事故の被害に遭い、相手側が任意保険に入っていた場合は、初めから医療費の支払いは任意保険会社でおこないます。

被害者が医療機関の窓口で自己負担する必要はなく、治療が終わったらそのまま帰れます。しかし、ある時期になると、任意保険会社の担当者は、医師に症状固定を依頼します。

まだ治療が必要かどうかは関係ありません。医師にとっても関係がないことがあります。



本来、医師は治療の必要性からだけ判断するものなのでしょうが、現実にはほとんどの場合、任意保険会社の意向通りに動きます。

任意保険会社が自費診療扱いで治療費を支払い続ける間は患者を診ますが、整形外科医はたいていの場合、交通事故の被害者とは関わり合いたくないと考えています。


しかし、中には道義的見地から、患者側に立つ医師も、少数ですがいます。

All About情報選びを親身になってアドバイスいたします。

交通事故に詳しい弁護士は、そうした医師の情報も持っています。
任意保険会社から、治療費の打ち切りを宣告され、整形外科医からも症状固定を迫られるのはよくある話です。



そうなった場合の適切な対処についても、弁護士は的確にアドバイスしてくれます。
被害者にとっては、まったく未知の状況で、全体像も全然わからないわけですから、すべての手続きを弁護士にやってもらうということでなく、方向性を示してもらえるだけでも大助かりするものです。

自賠責保険の被害者請求に切り替え、自費診療から保険診療に変更して、診療してくれる医療機関を探せば、納得のいくまで治療が受けられます。