交通事故の慰謝料は、弁護士による交渉が有効

いつどこで起こるかわからない交通事故。こちらは運転や歩行に充分気をつけていても、相手の不注意で巻き込まれるケースも。

特に交通事故の被害者になった場合は、相手の保険会社と直接話をする機会が多くなります。



とはいえ専門的な話や金額の交渉について、ほとんどの人は慣れていないのが当たり前。


身体に痛みが残っていればなおさら、示談をまとめていいか不安になるでしょう。

そんな時は経験の豊富な、弁護士に相談するのも有効な手段です。

交通事故でけがを負った際に支払われる慰謝料として、代表的なものは次の3点。「逸失利益」「精神的慰謝料」「後遺障害」です。



逸失利益とは入院や通院による収入減少をカバーする補償で、他の2点とともに治療日数や過失割合をもとに金額が計算されます。保険会社の提示額が、けがの痛みや辛さと比べて少なく感じる時もあるでしょう。

だからこそ弁護士など専門家を間に入れて、その計算が適正なのかチェックしてもらう事が大切です。
弁護士に相談する最も大きなメリットは、保険会社が「自賠責基準」で慰謝料を計算するのに対し、「裁判所基準」の金額で交渉できる事。


最終的な支払金額が、提示額の倍以上になったという場合もあります。


そのような交渉を、病院に通いながら個人で行うのは容易ではありません。
保険会社を動かすポイントは、感情よりも専門知識。

早い段階で弁護士による交渉を検討する事で、交通事故の悩みが大きく軽減されるかもしれません。

All About情報を見つけましょう。