交通事故でのむち打ちの後遺障害認定は弁護士に相談を

交通事故の被害者となってしまった場合には、その傷害に対する損害賠償金を加害者側に請求することになります。

基本的には完治するまでの治療費全額及び傷害慰謝料、他諸経費を損害賠償金として請求します。

エキサイトニュース情報なら、こちらをご参考にしてください。

しかし、いくら治療を続けても機能障害や神経症状などの症状が残ってしまうこともあります。



このような症状固定の後にも症状が残ってしまった場合には後遺障害として等級認定を受け、傷害慰謝料とは別に『後遺障害慰謝料(後遺障害に対する慰謝料』及び『後遺障害逸失利益(後遺障害が無ければ将来得られたであろう金銭についての補償)』が加害者側(自賠責保険または任意保険会社)から支払われることになります。


後遺障害は全部で14級の等級に分かれており(実際にはさらに細かく分かれています)その症状によって等級の認定を受けることになります。

手足の欠損や顔の傷など見た目的に判りやすいものは後遺障害等級認定も容易なのですが、むち打ち症などの場合には判断が難しく、後遺障害診断書の記載内容によっては後遺障害の等級認定を受けることが出来ない場合もあります。
このような交通事故によるむち打ち症の後遺障害等級認定については全て保険会社任せにせず、弁護士に相談したほうが等級認定を受ける可能性が高くなります。



交通事故を専門とする弁護士であれば、(等級認定の判定を受けやすい後遺障害診断書)の作成のアドバイスを受けることが可能ですし、等級認定後は弁護士基準による後遺障害慰謝料および逸失利益の請求を行うことが可能です。むち打ち症での後遺障害等級認定は簡単ではありませんので、やはり専門家に相談したほうが得策なのです。