一戸建ての間取りは誰にでも描けて、一応のプランをつくることもできます。

しかしその一戸建てプランがほんとに自分たち家族に合ったものか、またどんな外観や構造にしたらよいかは、わからないものです。そこで手っとり早く住宅展示場に行ってみて、好みの外観やインテリやのモデルハウスを見つけて相談します。そこにたまたま設計者か営業マンのような受付系は、あれこれ自社のモデルハウスそ説明してくれます。

あれよこれよという間に、一戸建てプランもそのハウスメーカーの企画プランのひとつとなってコンピュータに打ち出され、明日にでも建ちそうな設計図ができあがり、工事の予算も出してきます。
あまりの鮮やかさに驚き、あわてて別のモデルハウスへ、そこでも同じような応対で、今度はセールスマンが自宅に訪問してきます。

結局数社の案を見比べて迷い、最後は価格の安いものかセールスマンの熱心さで決めてしまうようです。

これがほんとうに一生涯にわたって住む家の、しかも数千万円もする巨額の買い物しかたなのでしょうか。

ここまで一戸建ての住まいを建てる方法を整理してみますと、大きく分けて三つほどあります。


一つが住宅展示場のメーカーに頼むことで、次に大工さんや工務店に直接頼む、次に設計事務所に頼むといったところでしょう。それぞれ一長一短があって、どれがベストとはいいきれません。


建てる人の性格や相性で、その方法が決まりそうです。

まず第一に住宅展示場のメーカに頼む方法は、モデルハウスを見て決められますから、色や形その他の仕上がりやコストのイメージがつかみやすいのです。

堺の新築一戸建て情報を見つけましょう。

設計図や見積書を見ただけでは想像できない人には最適のようです。

ただし工生産の企画住宅ですので、人気商品はどこにでも建っていて外観やプランに個性を求めることができません。
また、一戸建てプラン特別な変更を要求したり、仕上げ変更すると、特別仕様ということで法外に高い費用を請求されたりします。

高石の分譲住宅情報を厳選して紹介しています。

一戸建ての施工は基本的にはよく研究し考え建てることが大事です。